マック・プロモーションにお任せください!

ドローン空撮からWebデザイン・グラフィックデザイン制作・サーバー管理代行まで!

メニュー

行道山浄因寺―紅葉前の空撮ロケハン

行道山浄因寺の紅葉は例年11月中旬ごろから下旬にかけて最盛期となります。
見事な紅葉時期に備え、北斎が描いた『くものかけはし』を偲べるロケーションを探してドローン空撮を試みました。
この動画はロケーションハンティング(ロケハン)用の試し撮りを編集したもので、画質やアングル等完成されたものではなく通常は公開されないものです。10分超の動画ですのでお時間のある時にご覧ください。

駐車場からモノレールで最大斜度38度の急斜面をゆっくり上っていくと崖の上に建てられた『清心亭』の下に到着します。

そのモノレール乗降場付近の木枝の隙間からドローンを飛ばしました。ここで落下したら回収不能となりそうな山中であることにビビりながらのドローン操縦です。

次は庫裡前の庭先から清心亭上空を超えて清心亭と崖の岩肌を捉えました。たくさんの樹木がおおい茂る中の飛行はリモコンを操作する指先が震えるほどの緊張感がありました。そんな空撮ロケーションに飛び込んできた景観は、まさに北斎が描いた『くものかけはし』を彷彿させる岩肌でした。

最後に清心亭内から離陸させ、清心亭と岩肌と空を捉えた映像に同行の皆さんも感激されていました。建物と木々にぶつけないようかなり緊張してドローンを飛行回収したためか、しばらくは心臓がバクバクしていました。

帰りはモノレールの先頭に乗らせていただき急斜面を下る映像です。モノレールの乗車は上り下りともスマホでの映像でしたが、結構揺れるので手振れしています。

今回はピーカンの晴天で、ホワイトバランスの調整に失敗しましたが、本番までにあと2~3回のロケハンをして、行道山浄因寺の記録として残されるような紅葉空撮映像を撮りたいと思います。

関連記事

  1. 浄因寺2016空景色